リスケの成功事例その10

すでに3ヶ月以上滞納していた融資までもリスケさせた



MS銀行 4,500万円 (保証協会付)
同上 1,600万円 (プロパー長期)
同上 9,000万円 (プロパー短期)
同上 5,200万円 (CLO)
R銀行 8,000万円 (保証協会付、短期)
同上 2,800万円 (保証協会付、長期)
O信用金庫 6,300万円 (保証協会付)
同上 3,700万円 (プロパー短期)
K銀行 9,600万円 (保証協会付)



○これまでの事例で一番難航したケース。借入が多すぎるのはもちろんのこと、それに加えて、3行すべての短期融資の返済がすでに遅延している。
○リスケ申込みの最低条件は「これまで正常に返済している」ことであるため、すでに延滞している場合はリスケの対象にならない。



●最も長い遅延は3ヶ月以上になるため、かなりタフな交渉と、最高精度の書類作成が要求される。
●従来の改善計画書と資金繰り表だけでは無理なので、これまでの経緯も含め、抜本的な改善策と数字による裏づけを書類に落とし込んだ。
●約4ヶ月に及ぶ交渉の末、見事リスケに成功。 ●すでに延滞していた短期融資2億円も金利だけでジャンプしてもらい、毎月840万円の返済が35万円となった。

最新のリスケ成功事例 メニューに戻る

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム