返済猶予中でも借入?

現実的に考えれば、リスケを行い、返済を待ってもらっている期間に 新たな借入を行うのは、無理でしょう。これが一般的な答えです。 しかしまれに銀行も新規の貸付を行う場合があります。
この場合、
まず、どれだけの額が必要になるのか?
どれだけの売上と利益を生み出すことができるのか?
新規融資の返済が可能であるのか?

これらを明確に書面にしなければいけません。

さらに新規融資を受ける条件として、
・返済猶予から1年が経過していること、
・その間の経営改善計画が軌道に乗っていること

が挙げられます。

倒産以外の方法とは

昨今の経済不況により、借入金を返済できない会社は多く存在します。

その理由も様々で銀行から薦められるだけ借り入れたものや、必要のない投資や借入を 行ったものもあるでしょう。

しかし、これらも全ては経営者の責任と言えます。 借入金を返済できるだけの利益を上げられないのであれば倒産という事態を招きかねません。

ではこのような状態に陥った会社は倒産以外に手はないのでしょうか?

利益は生んでいるが、借入は返済できない、そんな会社は 逆に言えば、利益を生んでいるので会社を存続させる価値はある、とも言えます。

その手法が、会社分割という手法を使うのです。

会社分割について、詳しい内容は、こちらを→

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム