リスケ中の定期預金はどうする?

返済猶予(リスケ)を申し込んで、またはリスケ中に担保に入っていない定期預金があるのであれば、 それは解約して運転資金や借入金の返済の内入れに充当するか、普通預金にして、いつでも運転資金に使えるようにしましょう。

担保になっているものは解約することはできませんが、 このような担保ではない、不担保定期預金は、いつでも解約できます。

資金繰りが苦しい場合は、このようなお金を銀行に寝かせている必要はありません。

定期預金を取り崩すと手形を割り引いてもらえなくなるのではとか、 支払手形を発行することができないのでは、などの心配は不要です。

そもそも資金繰りが回らなければ、会社は倒産の危機になるわけですから、そのほうがもっと深刻な事態です。 銀行にとっても会社の資金を活用せず、寝かせているのは資金繰りの悪化を招くだけで決して得策ではないのです。

銀行にも丁寧に説明して、交渉すればいいのです。

担保定期はどうなる?

担保に入っている定期預金は、原則として取り崩しなど自由に使うことはできません。

しかしながら、元本の内入れに当てることができます。 元本を棚上げするだけでなく、担保定期預金を元本の内入れに充てるように交渉しましょう。 元本を圧縮することができれば、その分利息も少なくなります。

銀行は敵ではなく、一緒に会社再建をしてくれる味方になってもらえることが可能です。 誠意をもって、必要に応じて交渉することが大事です。

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム