Q.返済期日が差し迫っているのですが、銀行は急なリスケでも受けてくれますか?

リスケQ&A
大丈夫です。
とりあえず返済をストップしてもらい、後日、経営改善計画書を提出することも可能です。

リスケでも経営改善計画書の提出が原則ですが、資金繰りが切羽詰まっている場合などは、 資金繰り表を提出して、暫定的な返済猶予を受け、後日、正式な経営改善計画書を提出するということも可能です。

ただし、資金繰りが回ることや業務が改善していくことについては、口頭でしっかり伝えておかなくてはなりません。 単に“資金繰りが苦しい”と訴えるだけでは、逆に返済を求められる恐れがあります。

←前の質問次の質問→

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム