Q.リスケ後の返済は?銀行がリスケを承諾してくれたら、それで一安心でしょうか?

リスケQ&A
いいえ、そんなことはありません。
「リスケの承諾は、銀行交渉の入り口に過ぎない」と考えるべきです。

リスケが通っても、それは永遠に返済猶予してもらったわけではありません。
6ヶ月〜1年後には、また再度、銀行の見直しが必要になります。

そこで、経営改善計画書の作成や各銀行に対する返済や保全条件の調整、返済増額要請への対応など、たくさんの課題が待ち受けています。

特にプロパー融資がある場合は、かなり厳密な書類の提出や数字の裏付けが要求されます。 その分、交渉のリスクが高くなりますので、専門家の協力がないと調整が難しいかもしれません。

←前の質問次の質問→

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム