Q.リスケ先の銀行で住宅ローンについて、今後のリスクを考えると、繰上げ返済はどうか?

リスケQ&A
リスケ交渉を行う場合、経営者の給与の減額を求められることがあります。

そうすると住宅ローンの返済が厳しくなり、住宅ローンのリスケも必要となり、結果として、銀行が住宅の処分を求めることがないとも言えません。

しかし、住宅を守るという観点では、繰上げ返済よりも、むしろ住宅ローンはそのままにしておくことです。

繰上げ返済により、住宅の時価よりも、住宅ローンの残価が少なくなると、住宅ローンの抵当権の次に、事業融資の見合いとして担保をつけたり、 差押えを行うことがあります。 これでは、あなたの大切な家が他人の手に渡ってしまうことにもなりかねません。

繰上げ返済しない分、あなたが個人で預金を蓄えて、会社の建て直しのために使うべきだと思います。

←前の質問次の質問→

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム