Q.リスケのメリットとデメリットは何ですか?

リスケQ&A
リスケのメリットは、資金繰りが楽になることです。

一方、デメリットは、リスケ期間中は融資が受けられないことです。
銀行の返済が厳しくなるということは、会社の利益体質に問題があるということです。

その問題を解決しないまま、返済を続けていっても、いつか必ず破綻します。
ですので、まずはリスケにより、現金の流出をストップさせ、資金繰りを楽にした上で、会社の体質改善を行うべきです。

ただし、リスケ期間中は、新たな融資は受けられません。
6ヶ月〜1年間の資金繰りを十分精査した上で、リスケを申請しないと、逆に資金が回らなくなるのともありますので注意して下さい。

←前の質問次の質問→

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム