リスケの申請前のチェックポイント

リスケを申請する前にこれだけはチェックせよ。

リスケを実行するには、書類を作成して、すぐにでも申請すればいいのでしょうか?

残念ならが、そんなに単純な話でもないのです。
もともとリスケを行う目的というのは、「事業を継続させる」ためです。
リスケを申請したせいで、会社が潰れてしまったのでは、本末転倒といえます。

原則として「リスケ期間中の新規借入は難しい」と考える必要があります。

製造業や建設業など、運転資金を必要とする業種では、つなぎ資金の融資が受けられないと、リスケしても資金繰りを回せない場合もあります。

また、これまで行っていた手形割引がストップするケースもあります。
それだけでなく、仕入先に渡した自社の手形が割れないという事態も起こりえます。
その場合は、現金取引となりますので、その分の資金が不足することになります。

特にプロパー融資がある場合は、交渉のリスケが格段に高くなります。

プロパーは保証協会付きの融資と違って、銀行が独自で貸し付ける融資です。
保証がないので、債務者が返済不能になった場合は、自分で回収しなければ貸し倒れになってしまいます。

そのリスクを考えると、銀行はリスケの申し込みがあったとしても、まず最初に「出来るだけ早く回収したい」と考えます。

リスケを申し込んできた相手に対し、必要以上の書類の提出を求めたり、これまでとは比較にならないレベルの説明を要求してきます。 単に「資金繰りが苦しい」と訴えるだけでは、逆に返済を求めらる場合もあります。いわゆる「貸し剥がし」です。

プロパー融資がある場合は、銀行交渉のハードルが格段に高くなります。
専門家に相談しないと調整が難しいといったケースがほとんどです。

リスケは失敗が許されません。
断られたからといって、別の資料や数字を作るわけにはいかないのです。 そんなことをすれば、銀行はますますあなたの会社の信用度に不安を感じます。

ですので、リスケを申し込む際には、
あらゆるリスクを考慮した上で、最初の書類を用意すること
これに勝る必勝法はありません。

リスケのご相談は、無料です。

ご相談は、お電話、メール、FAXでお請けしております。このご相談に掛かる費用は、全くの無料です。
当たり前ですが、あくまでもリスケに掛かる費用は、実際に業務が始まってからしか頂きませんので、ご安心してご相談できます。



メールでのご相談は、内容を入力の上、送信して下さい。 FAXでのご相談は、FAX用紙を印刷後、必要事項をご記入の上、送信して下さい。 お電話でのご相談は、平日10時〜18時、担当:佐藤がお受けいたします。


最新のリスケ成功事例




リスケについて

リスケのQ&A

コラム